第11回

最強の次世代ラーメン決定戦! 店主インタビュー

汁なし部門 第?位

汁なし
海老辛油そば

ラーメン大山家

(東京都)

応募者 大山 修司さん

お店について教えてください
横浜の家系ラーメン店で修行後、東京武蔵野市で両親が経営していた中華料理店を改装して、1997年3月に開店!
創業して本店は22周年を迎える事が出来ました。その後、2号店として2010年3月青梅店を開店し、2012年7月に移転という形で今の昭島店を開店。
最近では全国的に増えた家系ラーメンですが、当時はまだ都内には2、3軒しかなかったです。そんな中、何か看板になる商品が欲しく作ったラーメンが「とき卵ラーメン」であり、今では「とき卵の大山家ね~」なんて言われるようになりました(笑)
看板メニューは?
「とき卵ラーメン」
「とき卵つけ麺」です。
これは、店主が幼少期におばぁちゃんが作ってくれた即席ラーメンに「とき卵」を入れて作ってくれた味が忘れられず目指した味で、お客様に出せる様に研究を重ねて完成させました。
濃厚豚骨醤油のスープに合わせた中太麺が「ふわ!」
「とろ!」と広がったとき卵を絡め、どこかほっとする味わいに仕上がってます。
応募のきっかけは?
過去にこの次世代ラーメン決定戦に知り合いのラーメン店がエントリーしていて、年々「いつかは自分もエントリーしよう」という気持ちが強くなりました。
自分にはエントリーしやすかった、汁なし部門が去年から新設されたので今年こそはとエントリーしました。
23年目のラーメン大山家ですが、まだカップ麺にはなったことが有りません。応援よろしくお願いします。
応募作品で工夫したポイントは?
「汁なし 海老辛油そば」を大山家らしいインパクトが有り記憶に残る1杯にしたかったので、まずはビジュアルですが、海老の赤、辛味の赤、を出来るだけ出しました。ただ、辛さは少し抑えたかったので、辛さ控えめな朝鮮唐辛子を多く使いました。
次に、麺はガッツリと満足出来る満腹感の有る「もちもち」な麺を選びました。武蔵野は油そばの聖地ではありますが、ここまでの太麺はありません。最後に御飯が欲しくなる味として、少しニンニクを効かせ海老薫るタレの濃いめな味にしました!
このラーメンに投票する
くった感が違う。QTTA マルちゃん Smiles for All. すべては。、笑顔のために。
TOP