最強の次世代ラーメン決定戦!とは

「このラーメンが食べてみたい!」
全国のラーメンファンの熱き一票で日本一のラーメンを決める決定戦。
今年は「次世代あっさり部門」「次世代こってり部門」「ガツ盛り部門」「汁なし部門」の4部門。
優勝店舗には、賞金とカップ麺化の権利を授与する。

ASSARI

次世代 あっさり部門

澄み渡る旨みを追求したあっさり系ラーメン部門

KOTTERI

次世代 こってり部門

超濃厚な旨みが自慢のこってり系ラーメン部門

GOTSUMORI

次世代 ガツ盛り部門

食べ応えで群を抜くヘビー級ラーメン部門

SHIRUNASHI

次世代 汁なし部門

新たな定番となりつつある汁なしラーメン部門

受賞賞金

  • 次世代 あっさり部門

    新メニューのみエントリー可

    優勝賞金 100万円
  • 次世代 こってり部門

    新メニューのみエントリー可

    優勝賞金 100万円
  • 次世代 ガツ盛り部門

    新メニュー、既存メニューどちらもエントリー可

    優勝賞金 50万円
  • 次世代 汁なし部門

    新メニュー、既存メニューどちらもエントリー可

    優勝賞金 50万円

審査員紹介

  • 大崎 裕史

    株式会社ラーメンデータバンク取締役会長

    斬新な、そして他にないタイプの、まさに「次世代」に相応しいアイデア溢れるラーメンに期待。皆さんの「夢を形に」する企画、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございます。

    <プロフィール> 自称「日本一ラーメンを食べた男」。2019年4月現在で1万2500軒を食破し、杯数は2万5500杯。「日本ラーメン秘史」他著書有。

  • SUSURU

    ラーメン YouTuber

    審査員というよりは「1人のラーメン好き」として、様々なラーメンに出合えることを期待しています。若輩者ですがラーメンと誠心誠意向き合いますので、気合のこもった一杯、ずるずるさせてください!

    <プロフィール> 生粋のラーメンYouTuber。「毎日ラーメン健康生活」と称し、1000日以上毎日ラーメンをすする様子を自身のチャンネル「SUSURU TV.」にアップし続けている。総再生回数は2億回を超える。

歴代優勝ラーメン

次世代部門

  • 第1回

    香油塩拉麺

    一鶴

    (石川県)

  • 第2回

    ピリ辛焦がし風味噌

    茨木きんせい

    (大阪府)

  • 第3回

    今昔鶏中華物語

    新旬屋 麺

    (山形県)

  • 第4回

    和風鶏塩麹

    麺処まるは健松丸

    (北海道)

  • 第5回

    濃厚煮干白湯

    麺と心 7

    (大阪府)

  • 第6回

    和風ペペロンチーノ仕立ての
    塩ラーメン

    らぅめん考房 ありがた屋

    (愛知県)

  • 第7回

    白だし煮干味

    鯛塩そば 灯花

    (東京都)

  • 第8回

    特濃旨辛鶏台湾

    麺処 若武者

    (福島県)

  • 第9回

    海鮮白湯味

    恵比寿 らぁ麺屋 つなぎ

    (東京都)

  • 第10回

    スパイシー赤味噌

    創作らーめんstyle林

    (大阪府)

ガツ盛り部門

  • 第1回

    がっつり豚骨醤油

    千里眼

    (東京都)

  • 第2回

    赤カラ味噌担々麺

    麺屋ガテン 難波心斎橋本店

    (大阪府)

  • 第3回

    極濃とんこつラーメン

    極濃拉麺 らーめん小僧

    (大阪府)

  • 第4回

    極濃カレー麺

    麺や 神やぐら

    (石川県)

  • 第5回

    和風塩白湯

    ラーメンにっこう

    (滋賀県)

  • 第6回

    背脂煮干醤油

    らーめん香澄

    (大阪府)

汁なし部門

  • 第1回

    汁なしスッパメン

    ハイパーファットン

    (神奈川県)

歴代優勝者の声

JISEDAI

次世代部門優勝

創作らーめんstyle林

店主 林 隆臣 さん

応募のきっかけは?
自分が作ったラーメンがカップラーメンになることは一つの夢でした。自力でカップ麺にできる唯一の手段が最強の次世代ラーメン決定戦!です。待っててもチャンスが来ないなら動くしかないと決意し、挑戦しました。
結果発表の瞬間は?
優勝を目標に頑張った仲間に、すぐ連絡しました。台風の日だったのですが、2人で大喜びしたことを覚えています。
カップ麺化した後、お店に変化は?
・2019年1月に【RAMEN CUBISM】海外1号店を香港の中環にプロデュースが成功しオープン。
・2019年3月大阪学院大学の学生食堂の商品をプロデュース。
・2019年5月創作らーめんstyle林のネクストブランド【RAMEN PURISM】を大阪の心斎橋、宗右衛門
 町にオープン。
・2019年9月【RAMEN CUBISM】海外2号店を出店予定。
応募を考えている全国の店主に一言
ラーメンの技術、情熱さえあれば、年齢問わず何事も成せると思います。私は絶対に諦めない。皆様も諦めず挑戦して下さい。
GATSUMORI

ガツ盛り部門優勝

らーめん香澄

店主 尼崎 誠 さん

応募のきっかけは?
ラーメン屋を始めたときからカップ麺になることが夢でした。チャンスを掴むにはこの企画がもってこいだと思い、応募しました。
結果発表の瞬間は?
接戦だったので、スタッフや家族も声をあげて喜びました。
カップ麺化した後、お店に変化は?
ご近所の方にも話題にして頂けることが多くなり、来客数も安定感が出ました。
応募を考えている全国の店主に一言
たくさんのお店にチャンスを与えてくれるとても良い企画だと思いますので是非!
JISEDAI

汁なし部門優勝

ハイパーファットン

店主 折原 亮 さん

応募のきっかけは?
当店は普段から週替わりで限定メニューをたくさんやっていたので、挑戦してみたいって思いました。
結果発表の瞬間は?
努力した甲斐があったと安堵したとともに、皆様への感謝で胸がいっぱいになりました。
カップ麺化した後、お店に変化は?
カップ麺を食べたたくさんの方が『本物を食べたい』といって足を運んでいただきました。
応募を考えている全国の店主に一言
この企画をきっかけに飛躍していった店舗が数多くあるそうです。歴代優勝店をみても、都市部だけでなく地方にもチャンスはあります。お客様との一体感を感じられる企画はめったにありません。是非応募してチャンスをものにしてください。
くった感が違う。QTTA マルちゃん Smiles for All. すべては。、笑顔のために。
TOP