Yahoo!特別企画

Yahoo! JAPAN|掲載期間:2016年8月1日〜2017年3月31日

マルちゃんの東洋水産 presents

プロが選ぶ名店これであなたもラーメン通の仲間入り!プロが選ぶ名店 噂になっているラーメン店をプロの目で紹介!

  • 新規開店期待の次世代ラーメン店
  • 今年トレンドの味の名店
  • 女子が思わず行きたくなるあの店

今年トレンドの味の名店

  • 山本剛志が選ぶお店
  • 石山勇人が選ぶお店
  • 釈京子が選ぶお店

14000杯を食破山本剛志が選ぶお店

1鯛塩そば 灯花(東京都新宿区舟町12-13 石原マンション 1F)

鯛塩そば 灯花
真鯛のアラが生み出す独特の旨みと香り。麺だけでなくご飯とも相性抜群!

「塩つけ麺灯花」の2号店として開店したが、こちらでは宇和島産の真鯛を使っている。「鯛塩そば(半熟味玉付き)」は、真鯛の中でも、身がついたアラの部分だけを使い、すっきり澄んだスープには旨みが存分に引き出されている。玄海産の塩との相性もよい。中細ストレート麺は、しゃっきりとした茹で加減がスープに馴染む。
サイドメニューに「鯛茶漬け」や「鯛めし」もあるので、スープをかけて「鯛づくし」を楽しみたい。

Yahoo!ロコで店舗情報を見る

2真鯛らーめん 麺魚(東京都墨田区江東橋2-5-3 井上ビル 1F)

100%の真鯛スープに真鯛油、燻製香も加わって早くも行列が続く人気の新店

看板の「真鯛らーめん」は、宇和島産の真鯛の頭とカマを下処理してから炊きだしたスープに、真鯛から作った油をプラスして、鯛の旨みが存分に感じられる。和風感を感じるスープの底に沈んだ鯛のほぐし身が、新鮮味も感じさせる。
北海道産小麦を使った細麺の存在感もしっかりしている。薄切りの真空調理チャーシューをほぐすと、燻製の香りがふわっと丼を覆い、鯛の味にアクセントがつく。

Yahoo!ロコで店舗情報を見る
真鯛らーめん 麺魚

ラーメン研究家石山勇人が選ぶお店

1志奈そば 田なか(東京都豊島区東池袋2-19-2)

志奈そば 田なか
伊勢エビ・アワビ・サザエ。高級食材が奏でるハーモニーは過去に経験のないまさに絶品

黄金色に輝く神々しいビジュアルの「至高の塩かけそば」。鼻腔を抜ける香ばしい香りはエビ由来のもので、飲み進むうちに貝の旨味が押し寄せ徐々に三味(伊勢エビ・アワビ・サザエ)が馴染んでくる。鮮魚系のラーメンにありがちな臭みはなく、シンプルに塩で塩味を調える。豚骨や鶏ガラという動物系食材は使わず海の恵みで仕上げた一杯は、かつて経験のないまさに至高の塩ラーメン。

Yahoo!ロコで店舗情報を見る

2らーめん 改(東京都台東区蔵前4-20-10 宮内ビル 1F)

力強い貝出汁と動物系スープの調和が魅せる、和食を凌駕するシェル系ラーメンの最前線

コンセプトは「貝」。大量の貝類と説明書きにある通り、複数の貝を使用したスープはこれでもかと押し寄せる圧倒的な貝の風味・芳香。和食で言うところのアサリの酒蒸しやしじみ汁とは一線を画すいい意味での荒々しさで、それをしっかりと動物系スープの旨味で包み込む。自慢の自家製麺はラーメンとしては規格外の極太麺。咀嚼するほどに小麦の甘味が増し、強めの貝出汁との相性も抜群だ。

Yahoo!ロコで店舗情報を見る
らーめん 改

関西ラーメン会の女王釈京子が選ぶお店

1麺〜leads〜なかの(奈良県大和高田市神楽254-6 セゾン神楽103)

麺〜leads〜なかの
関西の泡系人気を不動のものにした話題店。記憶に残る味と接客でリピーターも急増中!

ほわりと厚く、ムースのように濃密な泡。弾ける度にわきたつ香りが食欲を刺激する。鶏の旨みは濃厚ながら、後味はライト。その余韻が愛おしく、また次のひと口が欲しくなる。ドルチェポルコを使用した甘く瑞々しいレアチャーシューの完成度は、もはや主役級。生玉ネギのキレとサクサク食感が、良いアクセント。全ての素材がお互いを高めあう、ドラマティックな一杯。

Yahoo!ロコで店舗情報を見る

2麺や 鳥の鶏次(大阪府堺市北区中百舌鳥町2-300)

今日はどれ?気分で味も選べる時代。目にも美味しい、技ありカラフル鶏白湯。いざ、出陣!

パールのように、繊細な光を放つとろみスープ。パツンと内側から弾けるような、喉越し爽快ストレート麺。それを包み込む、凝縮された鶏のコクとまろやかさ。ほの甘いレアチャーシューが絶妙なアクセントに。注目すべきは、豊富な味のバリエーション。例えばマー油やラー油、粉チーズ。確かな実力と、色とりどりの「選べる楽しさ」。圧倒的な満足感が、世代や性別を超えてファンを呼んでいる。

Yahoo!ロコで店舗情報を見る
麺や 鳥の鶏次
  • 新規開店期待の次世代ラーメン店
  • 今年トレンドの味の名店
  • 女子が思わず行きたくなるあの店

プロフィール

  • 14000杯を食破山本剛志

    1969年生まれ、東京都在住。2000年「TVチャンピオン第6回ラーメン王選手権」優勝。47都道府県のラーメン14000杯超を16年で食破し、ラーメン評論家として活動中。ウェブマガジン「ラーマガ」共同責任編集者として、ラーメンレビューとコラム、拉麺人インタビューを担当。ぐるなび「メシコレ」キュレーター。「ラーメンwalker」百麺人。

  • ラーメン研究家石山勇人

    『王様のブランチ』の出演をはじめ数々のTV番組への出演、企画協力多数。また『最新ラーメンの本(交通タイムス社)』シリーズの企画・監修・執筆や、『FRIDAY』のラーメン記事連載など、ラーメン店取材軒数は2000軒を超える。その他、カップ麺開発、ラーメン店およびその周辺産業へのコンサルティング業務など多方面で活躍。近年の香港・中国やシンガポールといったアジアにおける日本のラーメン人気に注目し頻繁に足を運ぶ。

  • 関西ラーメン界の女王釈京子

    OLでありながらラーメンの食べ歩きを趣味とするブロガー。ぴあMOOK関西「究極のラーメン関西版」ラーメン四天王。自身がレギュラーを務める情報番組のラーメンコーナーは4年目に突入。ラジオ出演やラーメンイベントの公式アンバサダーなど、あらゆるジャンルで活躍中。関西から全国に広まったラーメン食べ歩きスタンプラリー「らの道」ではイメージガールとして宣伝を担当。今や、関西ラーメン界を語るには外せない存在。

  • プロがプロにどうしても聞きたかった3つの質問
  • 予想的中レスラー優勝店を訪問 台湾出身レスラーのレッカ、カップ麺を手に優勝店を祝撃!
  • 教えて!お好みラーメン投票! !ラーメンの種類、麺の硬さ・太さ、好みの具材……
  • 「ラーメンデータベース」ユーザーが選ぶ!2016年上半期全国ラーメンランキングBEST5
  • いくつ知ってる?プロが選ぶ名店
  • DDT Pro-wrestling × 最強の次世代ラ一メン決定戦 レスラー12名が勝杯予想!
様々なシーンに合わせて選べる マルちゃんのワンタンシリーズ

(外部サイト)

ページトップ